MENU

車検の残り期間の評価

車買取の一括査定の際、評価項目は様々あります。
その評価項目のひとつが、車検残り期間です。
中古車を購入するとき、車検が切れている車よりは、まだ残っている車の方が、中古車を購入する人の乗り出し金額は安くなります。
その結果、そういった車は中古車市場で人気となり、車買取の一括査定でも人気を集めているというわけです。
車検の有効期間は、通常は2年間です。
もちろん、2年まるまる残っているほうが車買取では有利に働くことは言うまでもありません。
しかし、そういった車をなかなか買い取りに出す人もいません。
実際には、1年残っているかどうか、それが大きな分かれ目となります。
1年間残っていれば、仮にその車に中古車としての価値があまりないとしても、代車として使うことが出来ます。

 

そこで疑問に感じることが、新たに検査を通過せたほうが買取価格は高くなるのかということです。
もちろん、買取価格が低くなる事はありませんが、それをすることはあまり得にはなりません。
普通の人が検査を通そうとすると、どうがんばっても50000円くらいはしてしまいます。
一方、業者の人たちが自分で検査をとおすとなると、それよりもはるかに安い金額でできます。
20000円くらいは安く出来るのではないでしょうか。
検査を自分で通したからと言って、大幅な買取アップを望まれても、業者としては困ってしまいます。
それならば、はじめから切れている状態で持ってきてくれたほうが、売るほうも買うほうも得をすると言うものです。

 

カーナビやETCの評価額

車買取時にカーナビやETCをセットで一括査定してくれるところがあります。ただし、その搭載しているものによっては値段が付かない場合も当然あります。特に更新ができないような古い物になるとまず値段が付きませんし、逆に処理費用を露骨には言いませんが、どこかの部分で差し引かれる可能性もあります。

 

また、車買取ではもともと車に搭載されているタイプ、たとえばETCなどが取り外しができないような物は仕方がないのですが、それ以外の物は取り外しができるもので買取ができない場合は取り外した上で引き取って欲しい旨言われる場合があります。それを考慮に入れた上で不要であれば処分を依頼してしまうのも手です。
いずれにしても車以外のもので取り外しができるものは、車買取業者側が引き取ってくれる場合もありますし、引き取りできないつまり処分ができないと言われ、それだけ取り外して返却され、処分に困ることもあります。
最初に一括査定を申し込んで、買取ができない場合も全部引き取ることを条件にしておくことで、こうした不要品の処分ができることがありますから、最初に相談してみるのも良いでしょう。

 

業者側も引取りができずにお互い気まずい思いをするよりは、最初に伝えられていた方がある程度の目算を立てて処理ができるので、話し合いや見積り査定もスムーズに行えることにつながります。
いずれにしても、業者側とのやり取りは信頼関係があってこそ成り立つものです。あらかじめ情報をよく伝達して不要なトラブルにならないように心がける必要があります。