MENU

査定前の洗車は本当に効果があるのか

車買取を利用する時には高く売りたいと考えるものですが、その為に重要な事として挙げられるのが車買取業者の比較です。
それぞれの業者ごとに車買取価格は違っているという事もあり、しっかりと比較を行ってからどの業者に売るのかを決める事が大切になります。

 

ただ、比較を行うのは手間も時間も掛かりますので面倒に感じるものです。
そういった時には一括査定を活用して手間を省くという手があります。
一括査定なら一気に沢山の業者から査定を受ける事ができますし、それによって楽に業者の比較を行えるようになります。
その為、どの業者が高値を付けてくれるのかをすぐに知る事ができるのです。
ただ、一括査定は大よその査定価格を調べる事しかできませんので、正確な買取価格を出してもらう為には実際に査定をしてもらう必要があります。

 

査定をしてもらう際には良い印象を持ってもらえるように気を配る事が大切です。
例えば査定の前に洗車をしておく事が大切と言えます。
汚れている車よりも綺麗に磨かれている車の方が断然好印象を持ってもらう事ができますので、その為にもきちんと磨いてから実車の査定をしてもらう必要があります。

 

また、ワックス掛けを行ってピカピカの状態にしておく事も忘れてはいけません。
ワックスを掛ける事によって細かい洗車傷を消す事ができますので、それによってさらに綺麗な状態に仕上げる事ができます。
もちろん車内も消臭してクリーンな状態にしておく事も大切です。

 

内装の消臭はしておこう

車買取り一括査定では、車輛状態からコンディションを把握して価値が決められていきますが、修復歴がある場合やボディの傷やへこみがあれば減額の対象となってしまいます。

 

一括査定は実車を見ずに査定額が出されますので、実際に査定してもらった場合には当初の金額とは異なる場合があります。ですから、車買取り一括査定は参考程度の金額だという意識を持つことが大切です。ボディの状態や故障の有無に関しては、査定時に申告しておけば一括査定でも正確な査定額が出てきますが、タバコやペットの臭いに関しては極端にひどい場合には減額の対象となってしまいます。

 

タバコやペットの臭いは当事者には分かりにくいという性質がありますが、他人には我慢できない臭いとなりますので敬遠されてしまうのです。また、車内の臭いは簡単には消すことができないため車買取りでは不利な条件となってしまいます。車内の臭いが減額の対象になる理由は、臭いを消さなければ中古車として販売できないからで、消臭のために費用がかかる分が減額の対象となるのです。ですから、査定を受ける際には事前に消臭することが大切なのです。

 

車用には市販の芳香剤が利用できますが、タバコやペットの臭いと混じるとさらに臭いがひどくなりますので、芳香剤ではなく消臭をすることがポイントになるのです。車内のクリーニングを行っている専門業者に行けば消臭作業を行っていますので、実際に車買取り査定を受ける前には、専門業者に依頼して消臭することが大切なのです。

 

シートの破れや汚れの許容範囲

車に乗っていると、どうしてもシートに汚れや破れというのができてしまいます。
特に、運転席の座席などには、その傾向が多く見られるものです。
運転するたびに力がかかるところですので、仕方のないことではあります。
仕方のないこととはいえ、車買取の一括査定では、この点はマイナスポイントとなってしまいます。
だからと言って、あきらめるのは早いです。

 

車買取の一括査定金額を高くするため、座席をしっかりメンテナンスするのです。
座席の汚れは落とすことができます。

 

まず基本的に、レザーの素材であれば、比較的汚れ落としは簡単にできます。
レザーはもともと、メンテナンスがしやすく、航空会社のシートにも多く採用されております。
レザーの場合には汚れには強いのですが、破れに関しては注意が必要です。
レザーは温度変化に弱く、ひびが入ったりしやすいのです。
それをある程度防ぐためには、レザーのメンテナンス用のワックスをつけることです。

 

レザーでない場合には、特に汚れに注意です。
カーペット用の洗剤がホームセンターで売っておりますので、付属のブラシを使って汚れを落とせばいいのです。

 

では、車買取において汚れや破れはどの程度までが許容範囲なのでしょうか。
汚れに関しては、比較的許容範囲が広くなっております。
汚れを落とすことは決して不可能ではないからです。
その一方で、破れに関してはかなり車買取に関しては厳しいので、特にレザーのシートは気をつけましょう。

 

>>車を売る車一括査定ガイドへ!