MENU

事故歴と修復歴の違い

車買取一括査定を依頼する際には、車名や年式、走行距離など、その車の基本的な情報を記入しますが、基本情報の1つに事故歴や修復歴の有無があります。事故歴というのは、その名の通り、事故を起こしたことがあるかどうかということです。たとえば、正面衝突するような大きな事故も、車をぶつけられて少しへこんでしまった程度の小さな事故であっても、事故を起こした車ということになります。

 

これに対して修復歴というのは、車体の骨格やフレームまで歪んでしまったような場合のことを言います。骨格やフレームまで歪むような事故というのは、かなりの衝撃を受けなければ起こりません。つまり、少し車をぶつけた程度では、事故歴は残っても、修復歴は残らない場合がほとんどです。

 

事故や修復箇所があると、車買取一括査定の際には自己申告する必要があります。骨格やフレームまで歪んでいなければ、それほどマイナス査定にはならないので心配はありません。また、逆に骨格やフレームまで歪んでしまうような状態であれば、車買取は無理ではないかと考える人も多いようですが、決してそうではありません。修復可能であれば、買い取った後修復して販売します。現代の修復技術は非常に優れているので、元の状態に復元することは可能です。また、もし修復が不可能であったとしても、事故の影響を受けていない部分の部品取りが可能です。だからゼロ査定ということはありません。あきらめないで、見積もりだけでも取ってみることをお勧めします。

 

傷へこみ、剥がれの規模

車買取りで一括査定を利用する際には、相場から判断した価値に買取業者が上乗せをして買取り額が決められていますので、実車を見ないで査定額を出すといってもコンディションを詳しく報告すれば正確な査定額を知ることが可能です。コンディションを正しく報告しなければ不正確な査定額となる分、比較に使用するにはデメリットがあるのです。

 

一括査定でも車両の状態によって減額となる場合がありますが、傷やへこみに関してはどの程度の規模までが正常なのか判断できないはずです。ボディのコンディションで大きな減額となるのは、フレームまで及んだ修復歴のある場合になりますので、それ以外では僅かな査定額の変動で済むことになります。車買取業者によって対応が異なる場合もありますが、2センチから3センチ程度までの大きさで数ヶ所程度の数であれば減額の対象にならないのが普通です。

 

オークションではボディのコンディションにランクが付けられていますが、3センチ程度までの大きさで数カ所程度までであれば査定額には影響しないのです。ですから、査定前に修復したりする必要はありませんので、綺麗に洗車をして査定に備えることが大切なのです。車買取りでは一括査定にメリットがありますが、実際に買取業者に売却する場合には再度査定を受けることになります。実際の査定時には傷やへこみに関しても確認されますが、僅かな傷やへこみは査定額にはほとんど影響しないということを理解しておくことが大切です。